kamenrider-ex-aid-netabare-story6

 

「仮面ライダーエグゼイド」5話放送されましたね♪

5話ではエグゼイドのレベル3の姿も登場したので、これから他のライダー達もレベルを上げた姿が続々登場することでしょう♪

なので、これからおもちゃ関係も慌ただしくなりそうですね♪

うちもそうですが、仮面ライダー好きな子供のパパ・ママはおねだりの嵐との闘いの火蓋が切っておろされる感じですね(笑)

ということで「仮面ライダーエグゼイド」6話の予告動画があがりましたので載せます(^^♪

(出典:テレビ朝日「仮面ライダーエグゼイド」公式サイト)    

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

 

「仮面ライダーエグゼイド」6話あらすじ

kamenrider-ex-aid-netabare-story6

それでは6話のあらすじの方見ていきます♪

6話あらすじ  

今回は、永夢(飯島寛騎)がエグゼイドになる前の5年前、大我(松本享恭)や飛彩(瀬戸利樹)が抱えている因縁が焦点となるようです!

その因縁に深くかかわっているのはグラファイト(町井祥真)。

グラファイトは戦いを好む龍の戦士です。

 

そして、現時点ではまだわかりませんが、小姫(さき)という人物。

飛彩と、大我の会話の中で、大我は”5年前の借り”と言い、飛彩は”俺ならあの時、小姫を助けることができた”と対立を見せます。

そこから見るに、グラファイトによって小姫は犠牲になり、小姫を助けられなかった。

それが飛彩と、大我が負った5年前の心の傷のようですね。

 

一体、小姫を巡る飛彩と大我、そしてグラファイトとの5年前の因縁とは何なのでしょうか!?

 

そして今回は、5話でエグゼイドがレベル3になったように、ブレイブもレベル3に変身するようです!

ストーリーとして、飛彩の恋人?がコラボスバグスターに襲われバグスターウイルスに感染してしまうようです。

今回のコラボスバグスターは「ドレミファビート」というガシャットを挿入しています。

 

今回はブレイブがそのドレミファビートガシャットを使いレベル3に!

果たしてブレイブのレベル3はどうなるのでしょうか!?

詳細は6話になります!

(参考1:テレビ朝日仮面ライダーエグゼイド」公式サイト)  

(参考2:東映「仮面ライダーエグゼイド」公式サイト)   

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

「仮面ライダーエグゼイド」6話みどころ

kamenrider-ex-aid-netabare-story6

それでは6話の見どころを書いていきたいと思います。

6話の見どころとしては、    

やはり5年前の因縁になりますね。

この因縁が原因となり大我は仮面ライダーとしても医師としても表舞台から去ることになりました。

”小姫”は大我と飛彩の共通の大切な人だったようです。

小姫は大我と飛彩のどちらかの恋人?あるいは兄弟だったのでしょうか?

いずれにしても、6話で5年前の因縁が明らかになりそうなので要チェックです!

 

そして、ついにブレイブもレベル3への扉が開かれるというところですね!

今回のガシャットはドレミファビートということなのでリズム音楽系ゲームを得意とするガシャットだと思われます♪

ブレイブはロールプレイングだけでなく、ビート系も武器になるようですね!

 

そして最後に檀黎斗社長(;^_^A

黎斗社長は仮面ライダーゲンムでしたが、今のところだ~いぶ危ない人です(笑)

裏・表がハンパない感じですが、黎斗社長が何故こうなってしまったのかも気になります!

 

ということでだんだん謎も増えストーリーも展開し始めていますので、

次回6話も要チェックです!

以上が私、はんちゃん的みどころになります♪  

「仮面ライダーエグゼイド」6話ネタバレについて♪

kamenrider-ex-aid-netabare-story6

※ネタバレについては放送終了後、追記させて頂きます♪  

☆ネタバレ追記!(2016年11月13日)

それでは6話ネタバレを書いていきたいと思います♪

 

それではいきます!

6話ネタバレ

5年前の過去の因縁とは?

まず5年前の因縁についてです。

ここでの重要な人物の小姫とは飛彩の恋人だったようです。

ただ、その頃の飛彩は医師になる為、勉強に集中していました。

その為、飛彩は小姫と会った時でさえ勉強に集中し、小姫の目を見て話すこともありませんでした。

 

そしてあの日、5年前の因縁となる日。

そんな飛彩に勉強が集中できるようにとスイーツを差し入れますが、

飛彩は相変わらず。

そんな飛彩に小姫は、目を見て話してよ!と感情を爆発させその場を去りました。

 

そんな小姫は実はゲーム病に犯されていました。

小姫は自身がゲーム病に侵されていることを飛彩には伝えていませんでした。

小姫のゲーム病が暴れ出す中、大我はグラファイトと戦いますが、グラファイトに敗れてしまいます。

 

その為、小姫はバグスターの犠牲となってしまいました。

CRに駆けつけた飛彩ですが、その時に初めて小姫がバグスターのウイルスに侵されていることを知りました。

小姫は亡くなる直前、飛彩に笑顔で

”世界一の医師になってね”

と声をかけその鼓動を止めます。

 

飛彩にとってこの出来事は心のキズとなり仮面ライダーブレイブとして生きることを決意。

そして今となります。

 

ブレイブ、レベル3に変身!

そんな5年前のキズを負った飛彩の前に現れたバグスターとグラファイト。

大我からグラファイトが5年前の仇と知らされた飛彩・ブレイブは、バグスターを無視しグラファイトめがけて攻撃していきます。

永夢・エグゼイドは患者を救う一心でバグスターを優先的に倒しにいきます。

 

ブレイブはグラファイトと戦いますが、いかんせんレベル2の姿ではグラファイトには太刀打ちできないでいます(;^_^A

ブレイブもどかしい~!

そこでグラファイトがトドメの一撃というようにキメ技を放ちブレイブを倒しにかかりますが、

エグゼイドがブレイブを守りその一撃を受け止めます。

 

エグゼイドの身を呈しての救い。

その一撃でエグゼイドは変身から解かれ永夢に戻ります。

そんな永夢が飛彩に言います。

”小姫は飛彩のことを想って自分がゲーム病にかかってることを言わなかったんじゃないですか?

飛彩のことを大切に思っていたから、飛彩に心配かけたくなかったから黙っていたんじゃないんですか!?”

そう訴えます。

 

ブレイブ・飛彩はその永夢の言葉に心を突き動かされ、

まずはバグスターを倒すことに決めます。

 

永夢が発した言葉とは、今回のバグスターウイルスに感染した曜子がまさにそうだったからです。

曜子は恋人の誠一が夢であるバイオリン奏者の道を安心して歩めるように、

バグスターウイルスにかかったことを言わずにいたのでした。

その姿が小姫と重なり合ったのですね。

 

ブレイブはバグスターを倒して、ドレミファビートガシャットを手に入れます♪

そしてついにブレイブもレベル3に変身することができました!

 

ただ、このドレミファビートガシャットは音ゲーなんですよね(;^_^A

一度、バグスターを取り逃がした時、ブレイブは全然リズムに乗れなくて、

完全に攻撃くらってました(笑)

なので明日那は、ブレイブがドレミファビートガシャットを使ってもリズムに乗れないんじゃないか?

と心配します(;^_^A

 

ですが、一つだけブレイブにもマスターしているリズムがあったんです!

そのリズムとは~

”心臓マッサージ”

これにはみんな度肝を抜かれました(笑)

そのリズムかい!って感じですよね(笑)

 

でもその心臓マッサージリズムによって見事、グラファイトを撃退することができました!

ブレイブもレベル3を使いこなすことができて良かったですね♪

 

まとめ

 今回のエグゼイド6話ネタバレですが、

小姫を巡る大我と飛彩の5年前の過去が明らかになりました。

恋人を失った飛彩ですが、今でも小姫は飛彩の心の中で生き続けていますね。

飛彩が集中する為に食べるスイーツ、それは小姫の想いを大事にしている証拠です♪

 

こうしたそれぞれの過去がこれから明らかになっていくとさらに楽しくなっていきますね♪

次回7話では、貴利矢・レーザーの過去が明らかになる模様!

果たしてどんな貴利矢の過去が明らかになるのでしょうか!?

次回も要チェックです!

 

 

スポンサーリンク